制作について

 弊社にご依頼(新規制作・サイトリニューアルなど)いただいたお客様に限り、他社では高額な最新機能(以下)を標準で装備いたします。全てが現代必須の機能です。

レスポンシブについて※機器を問わない柔軟な構成

変幻自在なウェブサイト

自由自在にカタチを変える!

 現代はスマホのアクセス数がPCを超える時代です。ですからフレキシブル(PC・スマホ・タブレットに合わせてデザインが自動変形する最新技術)を導入し、あらゆる機器で最適表示させることが集客率アップへ繋がります。せっかく訪れたスマホユーザーにパソコン用ウェブサイトを表示させると逃げられます。

スマホ化のメリット

スマホ化のメリット

①3URL(PC版・スマホ版・タブレット版)用意することなく同一URLで機器問わず表示させることができます。

②URLが一つになるので、検索エンジン対策(被リンク分散)を阻止することができます。

③機器に合わせて表示されるので、見易さや操作性が格段に向上します。文字も読みやすくなるので理解度を深めることができます。

④スマホユーザーの滞在率を大幅にアップさせることができます。

⑤レスポンシブはグーグル推奨の技術なので検索エンジン対策にも効果的です。

 

スマホ化のデメリット

①既にサポートが終了したレガシーブラウザ(HTML5非対応の古いブラウザなど)では適切に動作しません。しかし、レガシーブラウザを使う層(5%未満)を切り捨ててスマホユーザー(50%以上)に対応することがアクセスアップの秘訣なので、その旨ご理解ください。尚、現代のモダンブラウザでは適切に表示されます。

 

自動翻訳について※なんと標準プランでフル装備

多言語に対応したウェブサイト

最新技術を惜しみなく!

 弊社が提供するウェブサイトには「60ヶ国自動翻訳機能(グーグルの翻訳システム)」を全ページに搭載しているので、外国人のサイト滞在率を大幅にアップさせることができます。
サイト閲覧者が使用する機器の言語設定(インド人がアクセスするとヒンディー語/フィリピン人がアクセスするとタガログ語)に合わせて自動翻訳されます。尚、60ヶ国の言語に自動翻訳されるので、国籍・人種問わず顧客として狙うことが可能です。

自動翻訳のメリット

自動翻訳のメリット

①外国人の利用が多いビジネス(旅行業・交通業・小売・メーカー・飲食業・宿泊業など)に御社サービスをアピールできるので、外国人のサイト訪問者を足止めすることができます。

②自動翻訳を導入していない同業他社に差をつけることができます。

③ウェブサイトを世界対応させることで訪問者(同業他社・顧客・提携先など)に「国際的なイメージ」を植えつけることができます。また、銀行融資の際、銀行側に好印象を与えることができます。

注意:2018年2月現在、グーグル翻訳は60ヶ国の言語を翻訳できます。しかし、プルダウンメニューに60言語を設定してモバイル機器で見ると「画面からはみ出る」ので、当サイトは主要言語(上位26言語)に留めております。

 

自動翻訳のデメリット

①自動翻訳すると文字数が変化(増加or減少)するので、若干デザインが崩れる場合もございます。ご承知の通り異なる言語を同じ文字数で表現することは実質不可能なので、その辺りはご理解ください。また、画像文字は翻訳できません。

②自動翻訳は発展途上中ですが、近年GNMTを採用したことで翻訳精度(英⇔日)は飛躍的に向上しました。しかし、現状100%の翻訳ではございませんので、その辺りは今後の翻訳精度向上に期待するしかありません。

 

ブラウザ編集について※CMSだから共同編集できる!

wordpress/drupal/cms

共同でサイト管理しましょう!

 全ページをCMS(Wordpress/Drupalなど)で構成するので、お客様側からブラウザ上でサイトを更新することができます。また、自社サイト内にブログ機能を設置する(定期的に自社サービスの内容を含めた投稿を続ける)ことで検索エンジン対策にも貢献します。
尚、グーグルの方針は外部より内部コンテンツを重要視する方向(パンダアップデート)へ進化を遂げているので、今後を見据えて「日々サイト内のコンテンツを増やすこと」で、より一層のランクアップが期待できます。
補足:ブラウザの種類問わず、スマホから投稿することも可能です。

ワードプレスのメリット

ワードプレスのメリット

①お客様側からサイトを編集することができます。

②ワードプレスは拡張性が高いので、新たな機能(ECサイトの機能や会員制サイトの機能など)を比較的安価に追加できます。

③ワードプレスは「今後更に発展するCMS」なので、これを機に操作を習得しましょう。遠隔操作でご指導(管理依頼必須)致します。

 

ワードプレスのデメリット

①ブラウザ上からサイト(Wordpress)を編集するには若干の知識が必要となります。ですからPC操作が苦手な方はお使いいただけません。

②操作を誤ると「サイトが表示されない!」や「プログラムを壊した!」などの問題が発生します。ですから更新作業は無理せず弊社へご依頼ください。

 

広告デザインについて※画像と文字で誘導します!

広告力とデザイン力の融合

 訪問者は「数秒滞在して要望のサイトか否か」を判断します。ですから適切な広告画像とインパクトあるタイトルで訪問者を足止めすることが重要です。弊社が提供するウェブデザインは「読ませる」より「見せる」に重点を置いております。また、広告力に加えデザイン性も重視しているので、安っぽさもございません。

広告デザインのメリット

広告デザインのメリット

①トップページの構成がウェブサイトの滞在率を左右するので、伝えたい事柄に優先順位(大きさ・色合い・位置)をつけ、人間工学に基づいたデザイン(右から左に見る/無彩色より有彩色を先に見る/斜めの文字や写真を先に見る)をご提案します。

②大半の訪問者はサイトの文字を読みません。ですから各項目にインパクトある文字を使い、訪問者に商品やサービスへの理解を深めてもらうことで業務円滑化を図ります。

③サイト滞在率が数秒でも伝えたい内容を記憶させることができます。

 

広告デザインのデメリット

①デザインされたキレいなサイトは企業(製作者)の自己満足なので、基本推奨いたしません。注意:ブランド力で集客させる業種は除きます。

②アピールし過ぎると信用性に欠ける印象を与えるので、若干控え目な表現を推奨しております。